Linux on W-ZERO3

開発者Wikiサイト

http://llwm.xii.jp/wiki/wiki.cgi?page=FrontPage

開発元スレッド

動作確認機種

  • W-ZERO3[es] (WS007SH)
  • W-ZERO3 (WS003SH)
  • W-ZERO3 (WS004SH)

ダウンロード

WS011SH(LinuxLoader?-20090704 snapshot+zImage-20091114 snapshot(TEST version))でrebootコマンドで再起動するとWindowsMobile?に戻れます
※リセットすると元のWindowsMobile?に戻りますが、あくまで動作は自己責任で(最悪フォーマットを覚悟して試すべし)。リセットで直らない場合は電池を抜いてみてください。

  • 2007.06.29a snapshot(TEST version)
    http://linuxup.xii.jp/src/lu0148.zip
    • ウルトラ人柱特盛り版(miniSD mount対応)

      mkdir /mnt/sd

      mknod /dev/mmcblk0p1 b 254 1

      mount /dev/mmcblk0p1 /dev/sd

クロスビルド環境構築/ファイルアップローダー

ハードウエア情報

  • w-zero3[es]の touch screen controller

各種Linux

紹介ページ

スクリーンショット

  • ブート直後
    http://w-zero3.org/uploader/src/up0323.jpg
    http://w-zero3.org/uploader/src/up0324.jpg
  • ブート後
    http://w-zero3.org/uploader/src/up0326.jpg
  • 無印ZERO3(WS003SH)で起動
    http://w-zero3.org/uploader/src/up0328.jpg

Debian導入

  • UbuntuはARMv7に移行しており、ARMv5なW-ZERO3ではDebianを使わざるをえない
  • 導入は下記の通りで、microSDHCへの書き込みが遅いため時間はかかるが、簡単である

準備

  • 機材
    • 4GBのmicroSDHC
    • Linuxで使えるUSB-LANアダプタ
    • USBホストケーブル

ホスト側

  • microSDHCのパーティションを切る
    • ここでは/dev/sdb1(ext3,3.7GB)と/dev/sdb2(swap,0.2GB)に分けるとする
  • 次のコマンドを実行してdebootstrapの1段目を行う(要ネット接続)
$ sudo apt-get install debootstrap
$ sudo mount /dev/sdb1 /mnt
$ sudo debootstrap --arch armel --verbose --foreign squeeze /mnt http://ftp2.jp.debian.org/debian/
$ sudo umount /mnt

WS011SH側

  • WS011SHにUSBホストケーブルとUSB-LANアダプタをつないでおく
  • WindowsMobile?からLinuxLoader?でLinuxを起動する
  • 起動完了後、microSDHCを挿す
  • 次のコマンドを実行してdebootstrapの2段目を行う(ネット接続は不要)
# mount /dev/mmcblk0p1 /mnt
# chroot /mnt
# /debootstrap/debootstrap --second-stage --second-stage-target=/
  • ファイルシステムの準備
# vi /etc/fstab
proc /proc proc defaults 0 0
sysfs /sys sysfs defaults 0 0
devpts /dev/pts devpts gid=4,mode=620 0 0
/dev/mmcblk0p1 / ext3 defaults 1 1
/dev/mmcblk0p2 none swap sw 0 0
# mount /proc
# mount /sys
# cd /dev
# mknod /dev/mmcblk0 b 179 0
# mknod /dev/mmcblk0p1 b 179 1
# mknod /dev/mmcblk0p2 b 179 2
# swapon /dev/mmcblk0p2
  • ネットワークの準備
# echo ws011sh > /etc/hostname
# echo 127.0.0.1 localhost ws011sh > /etc/hosts
# vi /etc/network/interfaces

iface lo inet loopback
iface eth0 inet dhcp
auto lo
auto eth0
# ifup eth0
  • aptの準備
# vi /etc/apt/sources.list

deb http://ftp2.jp.debian.org/debian/ squeeze main
deb-src http://ftp2.jp.debian.org/debian/ squeeze main
#
deb http://security.debian.org/ squeeze/updates main
deb-src http://security.debian.org/ squeeze/updates main
# apt-get update
# apt-get upgrade
  • ロケールの設定
# apt-get install locales
# dpkg-reconfigure locales
  • en_US.UTF-8とja_JP.UTF-8を選択する
  • デフォルトは好きな方で
  • デバイスの設定
# apt-get install makedev
# cd /dev
# MAKEDEV ttyS0
# MAKEDEV ttyS1
# MAKEDEV pty
# MAKEDEV pts
# MAKEDEV sda
# MAKEDEV sdb
# MAKEDEV sdc
  • sshの設定
# passwd
 (rootのパスワード)
# useradd -m myusername
# passwd myusername
# apt-get install sudo ssh libnss-mdns
  • 再起動
    • rebootしてWindows Mobileに戻る
    • LinuxLoader?の起動パラメタに_root=/dev/mmcblk0p1をつける
      CommandLine = fbcon=rotate:3 _root=/dev/mmcblk0p1
    • Linux起動
    • ホスト側からsshでws011sh.localに接続する

ダウンロードに戻る
トップページに戻る


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-06-08 (水) 01:37:06 (2011d)