フォント

基本的な説明

利用可能なフォントの種類

ttcまたはttf。

フォントリンクの機能

そのフォントに存在しない文字を他のフォントから持ってくる。

SkipTable?の機能

そのフォントに存在する文字を存在しない物とみなす。フォントリンクと組み合わせることで、フォントの任意の文字を別のフォントに置き換えることができる。

文字が存在しない場合の処理

フォントリンクでリンクしたフォントから持ってくる。リンク先にも存在しない場合、□のような文字に置き換わる。(通称「豆腐」)

フォントが存在しない場合の処理

必要としているフォントが存在しない場合、名前順で先頭のフォントに置き換わる。

フォントの導入

フォントを新たに追加する

\Windowsまたは\Windows\Fontsにフォントを入れる。

システムフォントを置き換える

  1. フォントリンクの変更
    Pocketの手などでフォントリンクを以下のようにする。
    フォントリンク先
    MS ゴシック固定幅フォント
    MS Gothic固定幅フォント
    MS PGothic可変幅フォント
    MS Pゴシック可変幅フォント
    MS UI Gothicインタフェース用フォント
    Tahomaインタフェース用フォント
    Courier Newインタフェース用フォント
  2. SkipTable?の変更
    TREなどでHKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\FontLink?\SkipTable?を以下のようにする。
    DWORD値値(16進数)
    MS ゴシック0000-ffff
    MS Pゴシック0000-ffff
    MS UI Gothic0000-ffff
    Tahoma0000-ffff
    Courier New0000-ffff
  3. 再起動。

ケータイの絵文字を表示できるようにする

絵文字フォントをインストールする
WS011/020SH以外でケータイの絵文字を表示させる外字フォント。一部表示されない絵文字もある。

やってはいけないこと

フォントを0バイトのファイルで置き換える

【あどえす】Operaのフォントを変えるんだ どんな手段を使ってもにおいて紹介された方法だが、これの原理は「名前順で先頭のフォントに変える」という方法であり、逆に言えば名前順で先頭のフォントに置き換わってしまう。

Opera 8.7にメイリオ系のフォントを使う

文字間が異常に広がる。

FAQ

英数字が置き換わらない

SkipTable?を使う。

絵文字を入れたらOperaの表示がおかしくなった

\Windows\Fontsに入れない。

メイリオ系のフォントをOpera 8.7に使うと空白が広がる

どうやっても使えないので諦める。

システムフォントを0バイトで置き換えたら置き換えたいフォントと違う

この方法は名前順で一番上のフォントにしか置き換わらない。
この方法を行わずに、上記の方法でやり直す。

フォントを追加したら特定のアプリのフォントがおかしい

・アプリ側で要求しているフォントが存在しない
・追加したフォントが名前順で先頭
という2つの条件下において発生する。
解決方法:
・要求しているフォントを入れる
・フォント名を変える

フォーマットしバックアップから復帰させる

  1. フォーマット
  2. バックアップからの復元
  3. フォント設定に使ったレジストリを再読込させる
  4. この時点でリセットを行わずに、ActiveSync?→Windows下にフォント再インストール
  5. リセット
    これで、起動時の豆腐フォントが無くなる。

参考リンク


カスタマイズに戻る


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-07-11 (日) 00:26:27 (2449d)